FC2ブログ
   
08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

なるほどねえ~

50歳をきに

糖尿やら、ぎっくり腰やら

精神とは裏腹に、

体のアチコチにガタが

出始めてる私。

歯医者以外、殆ど医者には

行かない私・・・

今回のぎっくり腰も行ってませんが・・・

自分は、不死身と思っていたんですがねぇ~(笑)

で、最近、医療関係の本を読み漁ってます。

もう、10冊近く、読んだでしょうか?

そこで、気になった一冊をご紹介。

201303281726000.jpg

「医者に殺されない47の心得」

あまりにも自分と感じていたことと

同じだったので、ちょっとびっくりしました。

ひと、それぞれ、感じ方は違うとは

思いますが、興味のある方は、是非!!
スポンサーサイト



思い当たる

 確かに!良い医者との出会いは大切である。

 というより奇跡に近い。

 人間それぞれ同じ風邪をひいたにしても、その症状も治療法も有効な薬も全てちがうんだからね。

 ましてや現代、医療の発達・細分化で、これまで大ざっぱに分類していた病気がかえって複雑化して、その専門医も特化してきている。

 体調悪けりゃ内科に行って、腰が痛けりゃ整形外科に行って、じゃ本当の原因(隠れている事が多い)は分からなくなってきている。

 わたしも今いろんな病気とケガを持って医者通いしているけれど、1回でドンピシャ診断してもらえた事は1度もない。

 うたぐってかかれとは言わないけれど、1人や2人の診断じゃ不安なのは確かだよな。

 医師といっても何10という専門があるんだしさ。

 私の専門、建築士だってそうだからね。

 建築にゃ、意匠・構造・設備・環境・都市計画・材料・地学・施工などなど、やはりそれぞれ得意分野があって、たとえば意匠と構造じゃ
内科医と眼科医くらいの差がある。
 どの人に頼むかってのは素人じゃ分からないもんな。

 50を過ぎたらまったく健康な状態ってのはありえないんだから、ガス抜きやオイル漏れだくらいに思って病気とうまく付き合って行ったほうがいいんじゃないか。

 深刻なときにはいろんな本読んだりネットで調べたり、何人もの医者に診てもっらりしてもいいかもしれないけれど、歳相応にありがちな病気のときはあまり自分を追い込むとかえってストレスになっちゃうよ。

 ナンクルナイサ~。

No title

勝鯉はわれらに さん

いつも有難うございます。

確かに、お医者さんは、難しいですよねえ~

でも、どこかで、信じて、踏ん切りつけるしかないですもんね~

まっ、それが難しいんですけど・・・
Secret

プロフィール

牛田もうのすけ

Author:牛田もうのすけ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR